三味線 付属品・修理

2018年5月23日 (水)

胴付け

胴付け
三味線が3梃あるのですが どれを使っていいか わからないので

花梨の長唄は 糸巻きが止まらない
紅木の長唄は 両面はぜていて 胴割れ …
もう1挺は 小唄に使っていたというが 地唄三味線で 駒は地唄と小唄がついています

大正琴と合奏したり 祭り囃子を弾きので 先生は長唄三味線をお使いです
花梨の糸巻きを直して使うのが 一番早いのですが
紅木の皮が破れたままにしておくのが どうも気になると
おっしゃいます

わかります!

まず 地唄は合わないし 重いから そのままにして 仕舞っておくことにしました


紅木を張り替えたら 弾かないと破れやすい…と 話をして
花梨は手をかけずに
紅木を張り替えて 象牙の糸巻きは古くて短いから 直しにお金をかけるより
いっそ 黒檀に入れ替えた方が
弾きやすいだろうと
修理をお預かりしました

ただ 胴が割れているので 胴付けをしないといけません
5ミリくらい口を開けている面があって かなりの歪みが
正直なところ ちょいと手間がかかるかも です

お客様は 紅木を直すことが決まって
ホッとされていました
なかなか 自分だけでは 決められないこと 話をしながら決められて よかった♡よかった♡

お稽古場で相談したので
お客様は先生に
お三味線 とても楽しいんですと 言って 帰られました
私まで 嬉しくなりました

今日のよかった♡ お三味線楽しいです と

2017年10月 2日 (月)

バチさや以外で

バチさや以外で
「長唄の会」売店に 千代紙を貼ったバチさやを置いています

デザイナーの鉄六さんが 歌詞カードに 曲に合わせたテツクロ君を描いてくれています

バチさや以外に使い道があったら
テツクロ君と長唄の歌詞が
もっと身近に ひょこっと机の上に 玄関先に

明日の売店に並べてみましょう
お客様が素敵な使い方を教えてくださいますね きっと

2017年8月28日 (月)

短棹ありませんか

短棹ありませんか?とメール
豊田市のHさんからです 何年かぶりのメール
短棹! あります!
2年前に預かった中古があります!
先方の探しものとは やや条件が違いますが
とにかく 送って 見てもらうことになりました
Hさんに思い出していただき
嬉しい〜〜限り 三味線もいいご縁でありますように
今日のよかった♡ Hさんから短棹ありませんかと

2017年8月 4日 (金)

夏休みの自由研究

夏休みの自由研究

小五の姪っ子が 夏休みの自由研究に 三味線について 書いています

母が三味線を弾いている姿を見て 私も弾くーーと2年くらいから 時々 母に教えてもらい…

先日 松永鉄九郎師匠の浜松稽古を見せてもらいに行きました

我が社の「三味線のしおり」を読んで
図を写し…

まとめは
私も弾けるようになりたいです。
と 書いていました

2017年7月 5日 (水)

廃刊になった譜面

廃刊になった譜面
山田の春の曲、子の日の遊び、…まだ残っていたら欲しいのですが
K師匠からのご注文

かろうじて 問屋さんに春の曲1冊
山田の譜面は廃刊!なのだそう

Y三味線店さんと電話をしていたら
赤譜の松竹梅って在庫ある? と
ちょっと待って…確か…1冊!ありました

松竹梅は廃刊なんだよ めったに出ない譜面なのに 10月にやるからと注文なんだけど 1冊しかなくて と

えーーーっ 廃刊!

私の在庫 わけるよ
ところで
山田の譜面 在庫してないかな?


彼が春の曲と子の日の遊びはあると 在庫を引っ張り出してくれました

わーーー❣️
それ!分けてください!

そして 譜面の交換となり、
これからも 情報交換しようね と あいなりました

たった1冊の譜面でも 注文ですからね 探して探してとしなければ
たった1冊でも お客様の役にたつはずです

今日のよかった♡ 三味線屋さんの仲間がいます

2017年5月22日 (月)

お客さんを楽しませたい

お客さんを楽しませたい
九州のH三味線店から 柄のバチさやを作ってたよね と
三味線の売店(大きな演奏会で出すのかしら)に 置きたいな
との電話

地味な柄だけになっていたので 派手な柄を作っております

Hさんも私も
お客さんを楽しませるもの欲しいからね❣️と 同じことを電話で喋ってました

今日のよかった♡ お客さんを楽しませるに同感

2017年3月30日 (木)

耳入れ

耳入れ
義太夫バチの耳入れが出来てきました
減った象牙を削り 三角に象牙を入れる
写真ではよくわからないかな
というか
わからないのが 職人の技 です

2017年3月11日 (土)

義太夫バチ

義太夫バチ
義太夫バチ 万葉(象牙調)16,200円(税込)

義太夫バチの注文があり 探して探して…
プラスチックバチの在庫も尽き
フジバチが廃業してしまったので どこも作っていない
中古のやっこバチはと 何件か古物商に問い合わせたが なく

大阪のU楽器さんが 東京の問屋が持っていると聞いたことがありますよと教えてくれました
その問屋とは取り引きがないから M楽器さんに代わりに問い合わせをしてもらおうと電話したら

M楽器さん うちで作ってますよ❣️と

M楽器さんは  象牙調の万葉バチを作っています 平バチも津山バチも扱わせてもらってますとも
万葉バチは1丁ずつ作っているバチだから どこにも義太夫が
なければ 作れないかと 聞こうとは思っていたのですが

わーーー 作ってたんだ❣️灯台下暗し


発注です

手元に重りを入れたバチなので
何グラムか指定すれば 出来るのだと 義太夫は重さが大切だそうですよと教えていただいた

ならばと
義太夫に詳しい職人さんに相談
280グラムは居るよ 糸が太いからバチが軽いと糸にはじかれてしまって 手の力で弾かないといけないから 弾きにくいと

ほー
フジのプラバチは大で260 中は240

お客様にも電話電話 バチの重さを計って下さ〜い
フジの中240グラムは糸にはじかれて弾きにくい
やっこバチ260グラムの方が楽 との回答

280グラムで作ってもらいました

最近のよかった♡ 義太夫バチがあったーー

2016年12月 1日 (木)

三味線立て箱

三味線立て箱
久しぶりーーに組み立てました 三味線立て箱
組み立てと言っても 引出しの取っ手を付け 裏に隠し鋲
引っ掛ける手を差し込んだだけですが 手が太いから 削っていれたなーと
桐の綺麗な仕上げ
洋室にも似合いそうです

2016年10月 5日 (水)

総桑のあいびき

Image2_2_2

Image3_2_2

A先生から あいびきのご注文
前回は…と記録をたぐったら 平成9年 長年愛用していただいたのですね

今度は 総桑のあいびきはないかと

いつもの指物師は 今は桐に桑巻きしか作っていないけれども
作っている指物師を紹介しますよ と
わーー 優しいーー 感謝感謝

江戸指物のIさんを紹介していただき
送ってもらいました

綺麗❣️ 綺麗です❣️
脚を外す方は スッと
入れる方は新品ですから きつめ
脚とクサビのホゾは かなり斜めです が きちんとして
拭き漆仕上げがより 木目を際立たせています

指物師のいい仕事
これを見ると なんとなく 涙が出ます 三絃師だった亡夫が見たら 喜んで話をしたがったろうと

総桑のあいびき 男物 59,400円税込です
桐に桑巻きは 32,400円で ございます

 

より以前の記事一覧