« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月23日 (水)

胴付け

胴付け
三味線が3梃あるのですが どれを使っていいか わからないので

花梨の長唄は 糸巻きが止まらない
紅木の長唄は 両面はぜていて 胴割れ …
もう1挺は 小唄に使っていたというが 地唄三味線で 駒は地唄と小唄がついています

大正琴と合奏したり 祭り囃子を弾きので 先生は長唄三味線をお使いです
花梨の糸巻きを直して使うのが 一番早いのですが
紅木の皮が破れたままにしておくのが どうも気になると
おっしゃいます

わかります!

まず 地唄は合わないし 重いから そのままにして 仕舞っておくことにしました


紅木を張り替えたら 弾かないと破れやすい…と 話をして
花梨は手をかけずに
紅木を張り替えて 象牙の糸巻きは古くて短いから 直しにお金をかけるより
いっそ 黒檀に入れ替えた方が
弾きやすいだろうと
修理をお預かりしました

ただ 胴が割れているので 胴付けをしないといけません
5ミリくらい口を開けている面があって かなりの歪みが
正直なところ ちょいと手間がかかるかも です

お客様は 紅木を直すことが決まって
ホッとされていました
なかなか 自分だけでは 決められないこと 話をしながら決められて よかった♡よかった♡

お稽古場で相談したので
お客様は先生に
お三味線 とても楽しいんですと 言って 帰られました
私まで 嬉しくなりました

今日のよかった♡ お三味線楽しいです と

2018年5月22日 (火)

縫ってみた

縫ってみた
張り扇に使っている革をいただいてきました
色は違うけど 同じ革だから 縫ってみたらと

昨日 手芸店で S社長に針と糸をみつくろってもらっていたので

縫ってみました!

えーと こっちから刺して
うん? これでいいのかな?

革縫い針は 先端がキリになっているのですが …うっ? 思ったより 革ん切っていかないのです


別の革縫い針を
この針は 確かに先端が三つ目キリになっていると わかる針です
実に15年くらい前かな
何故か私がティンパニの革を縫ったときの針なのです

仕事で私は和楽器を納め、Sさんが洋楽器をヨーロッパに買い付けに行って納めたときのこと
頼んだティンパニが届いたら
なんと!
自分で組み立てるキット!だったのです

ドイツ語の取説をSさんが訳して、私が麻縄を輪にして、革を縫って、徹夜をした
という
今となっては思い出の仕事

そのキットに付随していた 革縫い針です

こちらの針なら サクサク縫えます!

針穴が大きいのかな?
比べてみたが わからない
破れないかな?

縫い目を揃えるには どうしたらいいのか?
練習あるのみか
縫ってみようー これなら いけるかも

2018年5月21日 (月)

この縫い方

この縫い方
張り扇を自分で縫って作りたいと 前々から思ってはいたものの
動けずにいました

30年前は 安い手縫いの品が流通していましたが
ミシン縫いを考え 試行錯誤して間に
手縫いのものは 全部分解してしまったーー

千鳥がけだったような
そんなにも細かな縫い目では なかような 記憶


頼るはいつもの手芸店社長Sさん 謡もなさるし

これですよね!と
張り扇を出してくださり!

そうそう この縫い方だ!
これこれ!
これなら 挑戦してみよーーー

今日のよかった♡ 張り扇の見本を入手

2018年5月19日 (土)

雪駄

雪駄
男物の草履を売っている店 浜松はどこですか?
I和尚様からの電話

女物なら 呉服屋さんでもあるけど
はて?
男物 …… 一瞬 ⁇


あります あります

ご案内しました

色々手にとり 自分の普段履きを購入
ネットで見ますが こうして実際に見ると いいものが欲しくなりますね 僧侶は必需品なんですが いざ探すとなりと草履屋さんがないんですよ
お寺に行くときのお土産、6月に結婚する僧侶のお祝いにもいいですね
サイズだけ聞いておけば いいんですよね


再び 草履屋さんに行って 雪駄を注文した次第

表は竹の皮 裏が革で金具
竹の皮はどうやって重ねていくんだろうか 実に美しい❣️

和尚様は常に鼻緒は白 だそうです
ホッホッー

2018年5月18日 (金)

山椒の実を

山椒の実を
磐田のIさんから 山椒の実をいただきました
大きな樹があって
おねだりしていました

ちょうど採り頃です
今朝採りました と
朝採り山椒❣️

みずみずしい! い〜い薫り! 正に旬

枝を取り
みなさんにおすそ分け
我が家の分は冷凍にします
魚を煮たり、来客時には鰻の白焼きに実山椒、重宝します

今日のよかった♡ 山椒の実をいただきました

2018年5月14日 (月)

ハイザーを解体して

バイザーを解体して
夏がこんなに暑くなってきて
お米は冷蔵庫へ
となった

ハイザーが必要ないなー と なりました
30年使ってましたが

30年前はハイザーが当たり前だったのに
気候のせい、お米は冷蔵庫がいい、ときは流れていますね
静岡県西部にはハイザーの会社 ハイザーを開発した会社があります…

さて
このスペースがなんとかならないかと

あ! ネジ!

解体出来るかも

で、中を外すことに成功!

やったー

そうだ!空き缶、空きペットボトル入れにしよう

今日のよかった♡ ハイザーを解体出来た

2018年5月11日 (金)

衣桁

衣桁
衣桁の目隠しを新しくしました
2日かかりで
訪問着の柄をまるごと活かせて
自分では 上出来

今日のよかった♡ 上出来、上出来

2018年5月 9日 (水)

雨のおかげで

雨のおかげで
連休明けて 大雨
浜松は他に比べたら 少なかったようですが 寒いし 雨は長いし

でも
駐車場に植えた 半夏生が根付いたようです

去年植えた二人静も ひょこっと出て来たし
来年の楽しみが出来ました

今日のよかった♡ 半夏生が根付いた 大雨のおかげ

2018年5月 8日 (火)

お囃子を習ってみたいと

お囃子を習ってみたいと
浜松まつりの三味線を弾いていて
お囃子を習ってみたいなーと思ったんですが

Sさんからのお電話 娘のTさんもと

思い立ったが吉日

鶴十郎先生のお稽古へ 見学にお連れしました
見学…体験となり

今日のよかった♡ 小鼓のご縁が出来たかしら

2018年5月 7日 (月)

初夏のように

初夏のように
兜飾りを片付けて
ロビーは初夏の飾りに

紫陽花を飾りました

2018年5月 6日 (日)

片付け

片付け
風が爽やかーー 絶好の片付け日和
浜松まつり終わりました また来年

2018年5月 1日 (火)

能楽の指サック

能楽の指サック
能楽囃子の指サックを作りまして
左の茶色が能楽囃子、右がいてもの長唄囃子

薄い仕立てで 前の重りも4ミリと短く 仕上げに茶色に染めた和紙を貼りました
重さは長唄の半分以下になりました
打ち面に鹿革を貼るようですが それはご本人にお任せすることに

これでも厚過ぎと言われるかもです

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »